ポケットWiFiとWiMAXって何が違う?

WiMAXとは、UQコミュニケーションズ(株)が提供する無線を利用したインターネット通信サービスです。プロバイダー料金比較で、安いプロバイダーとしてよく紹介されます。

UQコミュニケーションズは、大手通信会社KDDIグループの一員で無線データ通信事業を担っています。

現在の主流サービスは、後継の「WiMAX2+」(読み方:ワイマックス ツープラス)です。
ぽけぞう
一昔前まで「WiMAX」でしたが、パワーアップして「WiMAX2+」となって現在提供されているよ!

Pocket Wi-Fiとは違うのか?

WiMAXは、Pocket Wi-Fiと同じと考えてOKです。

どちらも同じ無線によるインターネットのサービスです。

こういうことを書くと、いやいや「Pocket Wi-Fi」はソフトバンクの商標登録で厳密には・・・みたいな話をする人がいますが、世間では小型の持ち運び可能なルーターを「Pocket Wi-Fi」や「WiMAX」と呼んでいますので、ここではあえて同じとご説明します。

仮想通貨とは何?

仮想通貨とは、インターネットを通じて不特定多数の間で物品やサービスの対価に使用でき、中央銀行などの公的な発行主体や管理者が存在せず専門の取引所を介して円やドル・ユーロ・人民元などの通貨と交換できます。仮想通貨の種類は600種類以上あるといわれています。

資金決済に関する法律 第二条 5による定義:

この法律において「仮想通貨」とは、次に掲げるものをいう。

一 物品を購入し、若しくは借り受け、又は役務の提供を受ける場合に、これらの代価の弁済のために不特定の者に対して使用することができ、かつ、不特定の者を相手方として購入及び売却を行うことができる財産的価値(電子機器その他の物に電子的方法により記録されているものに限り、本邦通貨及び外国通貨並びに通貨建資産を除く。次号において同じ。)であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの

二 不特定の者を相手方として前号に掲げるものと相互に交換を行うことができる財産的価値であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの

仮想の通貨とは

ビットコインとは何か、ひとことで言えば「仮想通貨」です。「仮想」の「通貨」です。まず、「通貨」ということからも、「コイン」ということからも分かる通り、ビットコインはお金です。円やドルというように、「お金」であることには変わりありません。「お金」なので、円やドルのように通貨の単位が存在します。ビットコインの単位は、BTC(ビーティーシー) と表記されます。1円や1ドルのように、1BTC(1ビットコイン)と、数えることができます。

しかし、「仮想」ということから分かる通り、円やドルとは違って、手にとって目に見える姿形が存在しません。大きく「B」と書いてあるコインが存在するわけではないのです。ビットコインは、「仮想」の「通貨」です。

一般的な仮想通貨の例

仮想通貨としてイメージしやすいのは、オンラインゲーム内の通貨です。円やドルを支払って、ゲーム内で使われている通貨を手に入れれば、そのゲーム内で使われている通貨が「使える」ゲーム内のお店で、アイテムを買うことができます。ゲーム内でのみ使える、仮想の通貨です。

他にも、特定の Web サイトでのみで使える仮想通貨も存在します。利用登録の際に1,000円で1,000ポイントを購入し、その1,000ポイントで有料サービスを購入するというしくみを利用している Web サイトが存在します。そのポイントが「使える」Web サイト内でのみ有効な、仮想の通貨です。

ビットコインも似ています。ビットコインを手に入れることができれば、ビットコインが「使える」所で物やサービスを買うことができます。

ビットコインは何が違うのか

先の例で紹介したような仮想通貨とビットコインは、何が違うのでしょうか。実は、存在している理由が全く違うのです。

特定のゲームや Web サイト内でのみ使える仮想通貨は、企業単位で作られており、利用者を囲い込むことによって仮想通貨の運営主体(=ゲームや Web サイトの運営会社)が利益を上げることを目標としています。

一方のビットコインは、国家単位で運営されている円やドルと同じく、経済活動を円滑に進めるために作られた仮想通貨なのです。

ビットコインは、世界中で日常生活に「使える」ようにすることを目指して作られています。仮想の通貨なので紙幣や硬貨は存在しませんが、代わりにパソコンやスマートフォンをお財布代わりにして、物の売買が実現できるようにつくられています。

まだまだ発展途上ではありますが、円やドル以上に利便性が高く、安定し、世界中で利用できる次世代の通貨をめざして作られた仮想通貨なのです。

バイナリーオプションとはどのような投資取引なのか?

バイナリーオプションは、今まで投資をした事がない人でも簡単に参加出来る
投資の登竜門と言われています。

バイナリーオプションは、

バイナリ(binary)=二進法
オプション(option)=オプション取引(デリバティブの一部)

つまり2択を予測して選ぶ(価格が高くなるか、安くなるか)の投資取引になります。

ドル円の通貨ペアで説明すると、
現在の価格が1ドル108円だったとします

15分後にドルの値段が1ドル108円より高くなると予測した場合は、High(高い)を選択します

逆に、1ドル108円より安くなると予測した場合はLow(低い)を選択します。

この2択を予測して選択するだけで、バイナリーオプション投資取引が可能になります。
個人投資家の入門として有名だったFX(外国為替証拠金取引)と比較しても、
バイナリーオプションは、各段にシンプルな投資取引(トレード)です。

バイナリーオプションの特徴の一つが、投資取引出来る対象の種類の多さになります。

・外国通貨

・株式銘柄
・資源(ゴールド、オイルなど)

今までは外国通貨取引はFX、株式銘柄は株式投資、資源取引は先物取引と、各対象により投資取引が分かれていましたが、海外バイナリーオプション業者の場合は、様々な種類の投資商品で投資取引が出来るようになっているので、自分の好きな分野でバイナリーオプション投資取引が可能になっています。

初心者におすすめなのは、身近な円やドルを利用した外国通貨取引になります。

現在おすすめの海外バイナリーオプション業者は、オプションビットです。最低入金額が安く、勝率70%のalgobitが利用できます。