そもそもInstagramとは?

Instagramとは、一言で言うと写真共有SNSです。様々なフィルターをかけて写真をおしゃれに編集することができます。素敵な写真をアップし、その写真を基にして他のユーザーと繋がれます。今ではInstagram公式の関連アプリも出ており、画像の加工や予約投稿がスムーズになりました。

以下でInstagramの特徴をいくつかご紹介します。

1.若い女性がメインユーザー

女性に人気で、エンゲージメントが非常に高い(Facebookの約3倍)という特徴もあります。

現在、日本のInstagramユーザーは約1,600万人。アクティブ率も84.7%と非常に高い数値です。

また、男女比で言えばユーザーの6割が女性という女性利用率の高さもInstagramの特徴です。その中でも20~30代のいわゆるF1層と言われる女性の利用率が非常に高いといえます。

参考:【最新版】11のソーシャルメディア最新動向データまとめ

インスタグラムでフォロワーを増やすのは、なかなか難しいですが、インスタグラム・フォロワーを簡単に増やすおすすめツールがありますのでご紹介します。

2.ビジュアル情報に特化したシンプルさ

Instagramは「写真を見る・投稿する」に特化した非常にシンプルなSNSです。

もちろんコメントをつけたり、送ったりすることも可能ですが、Instagramの「フィード」と呼ばれるタイムライン上では写真・動画をメインにしたデザインになっており、ぱっと見て分かるビジュアル情報に特化しています。

また、かつては「投稿はせず、写真加工アプリとして使っている」という人も多くいたほど加工機能が充実しており、豊富なフィルターで簡単に写真をおしゃれに加工することができます。こうした写真投稿をサポートする機能も、Instagram人気を助長している一因と言えるでしょう。

3.ほかのSNSとの連動が強い

InstagramはほかのSNSと連動しています。Instagramで撮影した写真をFacebook・Twitterなどにシェアできるという点で、多くのユーザーに愛されています。

投稿画面にいくと、認証したアカウントにも画像をUPできます。(下図)

4.拡散性が低い

とにかく「見る・投稿する」に特化しているため、Facebookの「シェア」やTwitterの「リツイート」に相当する機能が現在まだデフォルトでは存在していません。

気に入った写真には「いいね」をするしかなく、情報があまり伝播していかないという特徴があります。結果として、他のSNSと比べクローズド感の強いSNSになっています。

5.検索はハッシュタグで

タイムラインに雑多な情報が流れ込んでくることはないInstagram。新しい情報を探したい場合は、ハッシュタグを使います。ハッシュタグ自体はTwitterでも使われますがInstagramではハッシュタグの利用がさらに活発で、独自の文化となっています。

料理やファッション、飲食店に関する情報をInstagramのハッシュタグを使って収集するという若い女性も増えているそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です