引っ越し業者との契約前に確認しておくべきこと。

複数の引っ越し業者から見積もりを取り、値段と対応を踏まえて、会社を絞り込みましたら、契約です。

業者と契約をする前に、確認すべき4つのポイントがあります。

  • 追加料金の発生
  • 物の破損・紛失時の補償
  • 到着が遅れたときの対応
  • キャンセル時に支払う金額

事前確認をせず、問題が起こった後に知らなかったということがない様に、この4つのポイントは確認しておくべきです。

それぞれの確認事項について説明をします。

契約前に確認すべき4つのポイント

1.追加料金の発生

見積もり時には依頼しなかったことで、急きょプラスして梱包や運搬をお願いすることになった場合、どれくらいの追加料金が発生するのかを確認しておきましょう。また、業者が来るまでに梱包が間に合わず、作の開始時間が遅れた場合や、予定していたトラックに荷物が入りきらなかった場合など、追加料金を支払えば良いのかどうか、その際はどのような対応をしてもらえるのかもあわせて確認をしておくようにしましょう。

2.物損・紛失時の補償

業者が運び出す際に破損・紛失をした場合、どれくらいの補償をしてもらえるのかを確認しましょう。また物の破損だけでなく、部屋の床や壁を傷つけたときにも補償をしてらえるのかどうかも確認しましょう。

3.到着が遅れたとき

業者の到着が遅れる場合には、事前に連絡が入りますが、大幅に到着が遅れ、スケジュールがずれてしまった場合の補償についても確認しておきましょう。また、もし一度キャンセルをする場合にも、キャンセル料を支払う必要があるかも確認しておくべきチェックポイントです。

4.キャンセル料金

急に予定が入ってキャンセルすることになったときに、キャンセル料をいくら支払うことになるのかを確認しておきましょう。

複数の業者と比較してコストを安く抑えたのに、あとから追加料金を請求されたり、物を壊されても補償がないのでは安心して依頼することができません。

安心して依頼するために、事前に上記の事を確認するようにしましょう。

私が複数の業者に一括見積もりを依頼してみた所、一番高い業者と一番安い業者の差はナント8万円にもなりました。

私が利用したのはサカイ、アリさんなど人気会社から一括で比較できる「引越し達人」。
「引越し達人」は、全国の引っ越し業者から最大15社に一括見積もりができて、すぐにどこが1番安いのかがわかります。入力はとても簡単で、運んでもらう荷物の入力も必要ありません。見積りは、30秒で完了し、 無料で使えるサービスなので気軽に試してみてください。引越し安いでYahooでも検索をしてみましょう。